×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

rose

少女革命ウテナ
サントラ感想


*  *  *

絶対進化革命前夜 曲目

 1 少女革命−overture
 2 輪舞−revolution
 3 サブタイトル
 4 光さす庭
 5 学園のスカーレット
   (ウテナのテーマ)
 6 学園のリリック
 7 ジャブ・アップ・ビューティー
 8 薔薇の溜息
   (アンシーのテーマ)
 9 優雅な彼女
10 その彼女の悲劇
11 舞踏のエロス
12 心のDICE
13 見えない薔薇
14 追憶の楽園
15 死のアフロディーテ
16 光さす庭・イリュージョン
17 太陽を射る者
18 パッショネイト
19 記憶のイデア
20 伝説・神の名はアプラクサス
21 アイキャッチ
22 カシラ星人
   (影絵少女のテーマ)
23 絶対運命黙示録
24 決闘者たち
25 ディオスへの祈り
26 When Where Who Which
27 肉体の中の古生代
28 スピラ・ミラビリス劇場
29 天使創造すなわち光
30 ラスト・エヴォルーション
31 封印呪縛
32 何人も語ることなし
33 絶対運命黙示録
   (industrial mix)
34 次回予告
35 truth
36 絶対運命黙示録 (karaoke)

  アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営

〜サントラ感想〜

絶対進化革命前夜


オリジナルサウンドトラック  第1幕


1997年夏に購入しました。

なんと初回盤があることを知らず、時期的にももう遅くて通常盤しか購入できなかったんです……。
あとで知ったときの私のショック、察してください。そんなわけで、持っているのは通常版です。初回特典では、たしか「光さす庭」の楽譜がついてたんですよね。……ほしかった(涙) いえ、楽譜買えばいいんですけどね。

以下、いくつかの曲の感想です。全てのサントラを聞いたことを前提に書いています。
なお、音楽に関しては全く素人なので、その辺ご容赦ください。


1 この曲は、これ以後も何度もでてくる曲のひとつのバージョンなのですが、大好きです。テレビでは一曲丸々より、一部分がよく使われてました。『チャーラーラッラ〜♪』の部分とかですね(笑)

4 優しくて、あたかかくて、木漏れ日が懐かしい。そんな情景がうかびます。

8 「薔薇の溜息(アンシーのテーマ)」ってなってるんですけど……これ、今きくととんでもなくソフトです。アンシーのテーマはもっと怪しくあるべきかと思います(笑) これもちょっと女性の溜息(スキャット?)が入ってるところにはアンシーの真の姿の片鱗が窺い知れますが……。この曲をきいてすぐに薔薇の温室がうかぶあなたは、すっかりおたくです。仲間です。同志です(笑)

10 もうギャグ編には欠かせない一曲(笑) 曲だけ取り上げれば悲壮感が多少……ないといえなくもないようなそうでないような感じなのに、聞いてて思わずふきだしてしまうあたり、もうビョーキです。ウテナ症候群。

13 冒頭が妖しげですっごく好きです。後のサントラで長いバージョンがでてきます……あれもいいですね。ウテナの曲は、総じてピアノが生きていると胸にのこります。光宗信吉さんの真価なのでしょう。

15 これも、長いバージョンがとても好き。

18 冒頭49秒までをきくと、「あーくるくる! クライマックスがくる!」って気分になります。パブロフの犬みたいにね。精神が高揚するというか、山場を感じます。

19 タイトルは大まじめに「記憶のイデア」なのにね。ね。ぷっ(思い出し笑い・笑) でだしで笑っちゃうんですよねえ。

20 扇風機くるくる。風船ふわふわ。そんな感じです。

22 ご存知「カシラ星人(影絵少女のテーマ)」。あのぶくぶくした音楽をきいてると、なぜかいつもビーカーを連想します。怪しい化学実験みたいな……。

23 一番オーソドックスな「絶対運命黙示録」。このバージョンが一番好きです。ずっとこれでもよかったのに……。 『燦場・宇葉』っていうのだけがどうしても意味がわかりません。わかる方いますか? そして、これ、たまーにカラオケで歌ってしまう私です(笑)

26 西園寺先輩の決闘歌。この曲の短さが彼の命運をかたっていて、切なくなりませんか(笑)

27 西園寺先輩リベンジ戦。今度はもうちょびっとだけ長いですね。歌詞についていえば前半は意図をつかめないんだけれど……『ウミノアナタ  ウミノワタシ』とか『生き続ける  死に続ける』ってところなんかは好きですし、生命のループを感じます。

28 ミッキーの決闘歌。これをきくと、コロッセウム(円形闘技場)をおもいだします。なんとなく。 『去りゆく 一切』のところに、ミッキーのあわれさが重なります。

29 樹璃さんの決闘歌。これ、好き! 大好き! 随所のドラムと、合唱のリズム感がよいです。詞の内容も好きですし。決闘の動きそのものと曲の流れがぴったり合っていたんですよね。

30 七実の決闘歌。 『永遠のワタシ  永遠の他人』てところなんか、おもわず歌詞にうなずいてしまいます。目をそらし続けるお兄様との関係をあらわしているように思えますね。 『ああああ  アアアア』というところは、切ない切ない(涙)

31 冬芽の決闘歌。もやもやした決闘の展開に影響されてか、この曲の印象も、「もやもや」。最後の『ディッヒ!』で薔薇の花弁が目にうかびます……。

32 冬芽との決闘ふたたび。感動的ですよね、これ。アンシーの頬をすべるものと星空が何度もよみがえります。

33 絶対運命黙示録のindustrial mix。んー……杉並児童合唱団と幾原邦彦さんと光宗信吉さんだけの声が好きだったから、東京混声合唱団がはいってくるといまいちです。

35 ウテナ関連で唯一、イッパンテキな歌(笑)


どれもこれもちゃーんと聞き覚えがあると感じる……やっぱりウテナは音楽も濃いんだなあ、と実感できます。
ただ、1枚目っていうせいか、1曲1曲がけっこう短いです。
後々のサントラで、長いバージョンがどんどんでてきます(笑)
でもその分、ウテナサントラの中では一番わかりやすいって感じるのもたしかです。

ちなみに、私が決闘歌を平均的にどれも好きなのは、この第一部のものです。
ふぁーすといんぷれっしょんってヤツですかね。