×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

rose

少女革命ウテナ
各話レビュー

  アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営

〜生徒会編〜

第9話  永遠があるという城


2004夏 初めてみたとき(1997年)を思い出しながら の感想

・今回は絵が特にきれいですねー。嬉しい。

・お話の傾向としては――西園寺のトラウマの話って感じですね。

・冬芽と西園寺の竹刀による決闘。ギャラリーが竹刀っていうのがおもしろい。
 その中できわだつ竹ぼうき。あれは誰なのでしょう。

・チュチュかわいいなー……シリアスシーンでの心のオアシス。
 そしてチュチュすら目障りな西園寺。
・冬芽と西園寺も、小さい頃はかわいかったのですね。
 ウテナと彼らの出会い。これまた象徴的。にしても綺麗な棺です。いいですね。

・ウテナに神隠しを告げる電話をしたのは、やはり冬芽でした。
 『演出』とは……こわいこわい!

・で、西園寺のあの水没(笑)
 西園寺は無様になっていけばいくほどかわいいですね。

・西園寺の剣からウテナを冬芽がかばうところ。
 赤背景に黒人間は、セーラームーンにありましたね。
 あ、セーラームーンRの劇場版でも。
 …………。 「タキシード仮面さまぁぁー!!」


今回の名言
『本当に友達がいると思ってるやつはバカですよ』  by冬芽
 :私としてはそんなに「好き」なセリフじゃないのですが、
  印象に残ったのはたしかです。




全編見たことを前提とした感想

・棺の演出は、最終回のアンシーと重なりますね。
 このときには、まさかここまで棺が大事になるとは
 思ってもいませんでした。