×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

rose

少女革命ウテナ
各話レビュー

  アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営

〜黙示録編〜

第35話  冬のころ芽ばえた愛


2004夏 初めてみたとき(1997年)を思い出しながら の感想

・あ、あやしげな撮影会……。やーめーてー!

・冬芽のにんじん……それは、馬のためなわけですか。
 かなりオモシロイ画ですけど(笑)

・まさしくウテナを、暁生にかっさらわれた冬芽。
 そのときの冬芽の佇まいは、アンチ冬芽の私ですら哀れに思うほどです。

・今回は西園寺が妙にいい男。
 いや、西園寺クンも、アンシーのことさえなければいいヤツなんですよね。

・最後に一瞬みえた、アンシーの幻。または、真実の姿。
 とても心に響きました。

・うーん、今回は苦手な暁生と冬芽が前面に出ているのでなかなか感想が
 書けません。


今回の名言
『コイ? コイが海にいるなんて……!?』  by影絵少女A子
 :あえてダジャレをもってきました(笑)
  恋と鯉です。思い通りにならなかった魚はいないと豪語する
  プレイボーイ釣り師!!(笑)